地域密着110余年の坪井利三郎商店がご自宅の屋根・外壁のトラブルからご家族の安心をお守りします。

日々のお仕事ブログ

0e9e699a94b34d7ba5b8ec0e67ee7417
U瓦とはスレートの一種です。

当時、スレート屋根の上にカバー工法を行うことを目的として開発された製品で、瓦に似たデザインも相まって多くの屋根で見かけられました。

U瓦はアスベスト規制が始まる以前と以降に製造されたものがあり、問題となっています。

アスベスト入りのU瓦は耐久性が高く長持ちですが、いざ屋根を撤去するとなるとアスベストの処理方法が法律により決められており、高額になってしまいます。


アスベストが入っていないU瓦はというと、アスベスト規制直後の多くのスレート商品と同様、耐久性に難点がある場合がほとんどです。

今回のお家はアスベスト無しのU瓦で、ひび割れが著しく、雨漏りが発生してしまっていました。

e9e10fa7016d8cf4e8ec91a5c55b65e2
さらに、前回のリフォームの際に、ひび割れ箇所をアルミテープを貼り付けて塗装してありました。

アルミテープは応急処置に過ぎず、そのままにしていればひび割れ箇所の接着が十分にできず、剥がれてきてしまいます。

結果、前回のリフォームで補修と塗装をしたのにも関わらず、雨漏りが発生してしまいました。
2fc05f7a427ae33a11590e7749e138d7
U瓦を撤去してみると、谷の箇所に水の濡れ跡が見られました。

やはりアルミテープでの補修と塗装では十分とは言えず、水が入り続けていたのだと考えられます。


f5884875910e0ccd7d17c502678d7881
水を吸い続け、腐食していた野地板箇所です。

このままでは野地板の強度が取れず危険と考え、一部分のみ交換を行いました。
e75dd4caeb9edfa8aa4d794af26734fa
899857b79fb621fe157d7f802c0c5854
ヴィクセンと呼ばれる石粒鋼板屋根を葺き替えました。

石粒鋼板屋根はガルバリウム鋼板の基材の表面に天然石粒を吹き付け、雨や紫外線の影響を抑える屋根材です。

ニュージーランドで開発され、最近日本のカバー工法等でも人気の屋根材です。










U瓦はその時代背景などの性質上、施工が難しい屋根材です。

確かにアルミテープや塗装による補修は金額が安くなりますが、根本的解決には至らず、二度目のリフォームを強いられる結果となってしまいました。

屋根に詳しい業者であれば、このような選択肢は提案しなかったはずです。


屋根のお困りごとは、屋根工事の知識、経験ともに豊富な業者でないと解決できません。

お困りの方は、坪井利三郎商店へぜひお問い合わせください。



最後までご覧いただき、ありがとうございました。
b86e3fd061a57b6b1dea8770acaa9738
今回は注意喚起の記事となります。

現在、世界的なフッ素供給の停滞により、フッ素を用いた建材の一部の入荷が困難な状況となっております。

先日から各建材メーカーさんからの公式な発表があり、一部製品の販売休止等を発表している状況です。

コロナワクチン普及による世界経済の活性化に伴い、元々需要のあったフッ素について特に供給の不足が発生したというのが、多くのメーカーさんの見解です。

これにより現在人気のフッ素塗装仕上げを行った鋼板屋根材、外壁材を販売休止するメーカーさんもいらっしゃいます。
20d29831e245fda23699a3bb4ca0ad33
IG工業さんの製品ラインナップです。金属サイディングの多くが休止状態です。
多くのメーカーが外装用の鋼板製建材をフッ素の焼付塗装などで仕上げ、耐久性を底上げするという手法を取っています。

そういった中で、このような状況は大打撃といえます。

ご契約後に実際に材料を入荷しようとしたところ、材料が買えませんでしたではがっかりです。

お家のリフォームをお考えの皆様もご注意ください。
今回は、スレート屋根の現地調査の様子を紹介していきます。

一般的にスレート屋根といえば、セメントに繊維質を混ぜて平たい板状に成形したものです。

費用を抑えられることや瓦と比べて軽量であることなどから、新築の際に使用されることの多い人気の屋根材です。

しかし、定期的な塗装や寿命が30年と言われていることなどのデメリットも存在します。

今回調査した屋根は、築35年の屋根で、15年ほど前に一度塗装を行ったスレート屋根です。

既存の塗膜の状態や、30年を超えたスレート屋根がどのような状態になっているのか、見ていきます。
LINE_ALBUM_20211017-_2_211017_1
スレート屋根の様子です。

激しい色あせが散見されます。

前回塗装を行った際の塗膜が劣化しており、防水機能が失われていることが予想されます。


871a8401f019c7596732952106df6714
6014cfda979c5eceaa2461a1191acaf3
写真のように、スレート本体が浮き上がってきてしまっている様子が散見されます。

特に指がそのまま入り込むほどの隙間は、かなり激しい浮きでないと起こりません。

スレートの浮き反りは、スレート本体が水を吸い込み、その後乾くという過程を繰り返していくうちに、

スレート本体が徐々に歪み始め、変形することで発生します。

今回のケースも、塗膜の防水機能を失った状態でスレートが風雨にさらされ続けた結果、水の吸収と乾燥を繰り返した結果と思われます。


650ed4066410eaed0c3266dba25e4546
写真のようなクラック(ひび割れ)も、多くの箇所で見られました。

こういった症状も、根本的にはスレートが水を吸っていることから起こります。



LINE_ALBUM_20211017-_2_211017_2
スレート屋根は、棟などの特殊な部分を板金で納めることがほとんどです。

もちろん板金も、風雨や紫外線の影響で劣化します。

スレート屋根の塗装の際には板金部分も塗装することがほとんどですが、この時の塗膜も経年劣化により防水性能を失ってゆきます。

また、風の影響で板金を固定する釘が弱まり、板金が強風にあおられて屋根下へ落下するという事故もあり得ます。






以上のように、スレート屋根は水を吸い込んで劣化すると様々な症状が現れます。

一度蓄積してしまったダメージはもう戻ることはなく、塗装工事で屋根の機能が回復することはありません。

このような事態を防ぐためにも、定期的な塗装を行い、スレート本体の防水機能を維持するのはとても重要です。

また、根本的な屋根としての機能を回復させるには、屋根カバー工法や葺き替えなどの屋根工事が必要です。

お家を守る屋根の役割を果たし続けられるようにするには、定期的なメンテナンスと点検が不可欠です。

気になる方は、ぜひお問い合わせください。


最後までご覧いただきありがとうございました。
和瓦屋根の谷板からの雨漏りを調査しました。

谷板とは、屋根面同士がぶつかって谷折り状に落ち込んでいる箇所のことです。

屋根上に落ちた雨水が集中的に流れる箇所なので、雨漏り対策上とても重要な箇所でもあります。

今回は、調査を行った谷板からの雨漏りの様子を紹介していきます。


LINE_ALBUM_20210920_211011_20
調査依頼を受けたお家の屋根に上がりました。

雨漏り箇所の真上の位置に谷が来ていたので、真っ先に疑う箇所になります。
LINE_ALBUM_20210920_211011_19
近づいてみると、谷の真ん中に取り付けられている谷板に穴が見つかりました。

雨水の通り道になる谷板は水の影響を受けやすく、錆び、穴開きができやすい箇所です。
LINE_ALBUM_20210920_211011_18
拡大した様子です。谷板は銅板製のものを使用しています。

右側の穴からは、腐ってしまっていたんだ下地が飛び出てきています。

このような穴の開き方は、瓦の形状により、雨水が落ちる箇所が集中していることにより起こります。

谷板に穴が空けば谷板の下にある屋根の下地となる木材の野地板が水を吸い込んでしまいます。

今回のケースでは下地が既に水を吸いすぎて腐ってしまい、さらに下の屋根下にまで水が回ってしまっていると考えられます。


当時の谷板は銅板製のものを使用していることが多く、このような錆による穴開きが起こってしまっているケースは多いです。

現在、谷板はステンレス製のものを使用することが多く、このような穴が開くことはほとんどありません。

今回は谷板の交換工事をご提案し、調査を終了しました。




谷はお家の屋根形状によってある場合とない場合があります。

しかし雨漏り調査のお家で谷があるならまずそこを疑って調査を進めるくらい、谷は雨漏り対策にとても重要な箇所なのです。


雨漏りの原因は様々なケースが考えられ、今回は谷板の劣化のケースを紹介しました。

雨漏りの調査は専門の業者でも難しい分野です。

坪井利三郎商店ではお見積りの提出まで全て無料で行っています。

雨漏りでお困りの方は、一人で悩まず、ぜひご相談ください。


最後までご覧いただき、ありがとうございました。
愛知県北名古屋市にて屋根改修工事を行いました。

既存屋根は折板屋根で、ギザギザの形状の板金屋根です。工場などに使用されることが多く、一般の家でも見かけることがあります。

今回の折板屋根は二世帯住宅の外壁と外壁の間に葺かれており、雨漏りするとの問い合わせを受けました。


55ae79a091490e935d2e0f0a4defabfc
既存屋根です。折板屋根ですが、勾配がほとんど無く、危険な状態です。
e1acfcdc1d78a325b3b96dfdec8766e5
98934f728bf3535b19c3680686e2a610
屋根をめくっていきます。
3ce70559606c2ef4a4f74d223c409ecd
防水塗装の下地に合板を施工します。外壁の際に立ち上がりを作ります。
775fd5d33e6aa45b13d10d3a47eb50ad
プライマーを塗布します。
dfe2341bb6e7d8fdb8bd22d2e5eb4da0
ウレタンを塗っていきます。
cb1302335cf2f4a0de71b0508af23512
73bec88b218303e02b28fab92bd8055a
8e73b66d9f35e7e69947bc50e7e79c46
完工です。
このように、勾配の無い箇所には防水、勾配が取れる箇所には屋根といった使い分けが、雨水対策にはとても重要です。

ケースごとに最適な工事を行うためにも、雨漏りにお困りの際はぜひ専門の業者にお問い合わせください。

今回のお家では外壁塗装も行っています。

次回記事もぜひご覧ください。


最後までご覧いただき、ありがとうございまいsた。


愛知・岐阜・三重周辺での点検・調査・お見積もり無料!お気軽にお問い合わせください!

メールからのお問い合わせはこちら

資料請求現場調査を依頼する

主な施工エリア
【名古屋市内】
天白区、緑区、守山区、名東区、瑞穂区、昭和区、千種区、東区、北区、西区、南区、中区、中村区、中川区、港区、熱田区

【愛知県】
名古屋市、日進市、長久手市、岡崎市、豊田市、安城市、大府市、一宮市、春日井市、高浜市、刈谷市、瀬戸市、犬山市、江南市小牧市、稲沢市、尾張旭市、岩倉市、豊明市、清須市、北名古屋市、東郷町、豊山町、大口町、、扶桑町、津島市、愛西市弥富市、あま市、大治町、蟹江町、飛鳥村、半田市、常滑市、東海市、知多市、阿久比町、東浦町、南知多町、美浜町、武豊町、碧南市、西尾市、知立市、みよし市、幸田町、豊橋市、豊川市、蒲郡市

【岐阜県 三重県 静岡県】
岐阜市、大垣市、羽鳥市、各務原市、関市、美濃加茂市、可児市、多治見市、土岐市、瑞浪市、桑名市、いなべ市、四日市市、鈴鹿市、亀山市、松阪市、津市、浜松市、湖西市、磐田市、袋井市、掛川市、島田市など

【工事種類】
 雨漏り調査/屋根リフォーム/屋根工事/屋根修理/屋根塗装/外壁塗装/屋根葺き替え/板金工事/漆喰工事/
  雨樋工事/雨漏り修理/ 防水工事/ 雪止め工事/ 太陽光・蓄電池工事/ オール電化/ 耐震補強/

100年を超える経験とプロの技でどこよりも丁寧に、高品質な工事で皆様の雨漏りの不安を解消いたします。