地域密着110余年の坪井利三郎商店がご自宅の屋根・外壁のトラブルからご家族の安心をお守りします。

日々のお仕事ブログ

瀬戸市にて屋根補修・外壁塗装工事を行いました。

屋根は瓦屋根で、
・漆喰の塗り替え
・端部ビス補強
・破風板の一部板金巻工事

等を行いました。


7312055a4e45f7276fd5fb4ae614fc4c
屋根補修です。一部雨漏りのある箇所の真上に位置する隅棟を積み直しました。
e8c6197bd1a2a5048fcfb73ec37f074f
一度瓦を撤去し、新しく南蛮漆喰で納めなおしました。
5fce6fa1e882c1662329b6268a6e402e
他の箇所の隅棟は漆喰のやり替えを行いました。
7959384429b799759f69cfd38d06ad98
隅棟です。すべての漆喰工事で、既存漆喰を撤去し、新しく塗り替えています。
5fce6fa1e882c1662329b6268a6e402e
8f02b871d5120e812f2ab7294118acf3
本棟です。
09462b85db21eb1ce966e4365aa38eb1
屋根の端部をビス補強しました。屋根重量がかかりやすい端部を補強し、屋根を補強します。
6ffc51387312868ead9c3a1c121574d6
雀口と呼ばれる、鼻隠しと瓦の間の隙間です。元は漆喰で埋められていましたが、上から鉄製の面戸と呼ばれる部材で補強しました。
47881d7d78b49b39fc68f3403bad8bda
隅棟を固定する番線が切れている箇所を新しい銅線で交換しました。
e091b28b35edb0f9235ea3b8d9949758
破風と呼ばれる屋根を囲う木板を一部板金でカバーしました。
6172cc0f2cd3ec4770ba75b57c522bd2
fd85394c2b4c3c69db99a82ed1972914
瓦屋根は定期的に点検を行い、特に漆喰部分がはげ落ちてないかなどを確認します。

漆喰は瓦本体に比べて劣化が早く、雨漏り対策上重要な部分だからです。

また、足場設置に伴い、屋根のその他の気になる点などを補強するのもお勧めです。

漆喰が施工されていて劣化しやすい雀口や、瓦全体の荷重を引き受けやすい端部などのビス補強をすれば、瓦屋根は長持ちしやすくなります。

次回は塗装工事の様子も紹介していきます。
名古屋市千種区にて屋根カバー工事を行いました。

屋上部分の小さな面積のスレート屋根をカバーし、たてひら葺きで施工しました。

今回施工した屋根の形状をパラペット屋根と呼びます。

屋根の両脇に壁(立ち上がり)があり、複雑な形状をしています。
a292f2857f8580d309d60789ac226912
施工前の様子です。
d54dcea708b271b6d91ffee13c8efe23
カバーの前に、棟板金と立ち上がり部分の板金を撤去します。
d16eeb98f126908506f89ee7540f3e601
厚さ12ミリの構造用合板を増し張りします。
0004b3ec02815cbc5506fb59ac1c6272
棟部の立ち上がりも撤去しました。
030d28e6ca1482e22ab831f32caec2d2
棟部の立ち上がりに新しく板金を当てます。
ac52c3ae7e314a0d1a38dddbfd8b4f091
ルーフィングと呼ばれる屋根専用防水シートを施工します。
899f9df5bc27d4defc8e3ecfbe559f35
たてひら本体を施工していきます。
3e8d5448c2afeed159d634fdb80284d4
208b800a12a884ca01dd02dfc6d256dc
立ち上がり部と笠木も新しく施工します。
7b724b28d2473621953f3c3642706813
完工です。


今回は高所作業車を使用して工事を行いました。

高所作業車を使用することで仮設足場無しで工事を行うことができました。

仮設足場の分費用を浮かせることができ、お客様にも大変喜んでいただきました。

しかし、高所作業車での作業はいくつかの条件が噛み合わないとできません。

屋根平米が小さく、短期間で終わる工事であることや、近隣に高所作業車を置いておくことができる敷地があることなどです。

気になる方は、ぜひお問い合わせください。
屋根には、屋根材と呼ばれる瓦や板金、スレートの他にも様々な材料が使用されています。

それらを副資材とまとめて呼びます。

例えば、瓦を留めるための釘であったり、屋根材を釘で固定するための木材などがそうです。

屋根材を留め付けるための下地の役割は従来木材が使用されていました。

しかし昨今の屋根業界では、人工樹脂製の材料を使用するのが主流になってきています。

樹脂材と木材、それぞれの違いを解説していきます。

・木材や樹脂材はどんなところに使われているのか?

・樹脂材のメリットとデメリット

・木材のメリットとデメリット


木材や樹脂材は、どんなところに使われているのか?

ec4057ae36e81ed690a5b24130d283fa
写真は瓦屋根の工事風景です。

細長い棒状の材料が並んでいるのが分かります。

少し平たい形をしており、等間隔で規則的に並べられています。

実はこれらは樹脂材で、瓦を引っ掛けるために予め屋根に留め付けたものです。

瓦を引っ掛けるために並べたこれらの材料を桟木(さんぎ)と呼びます。

他にも切り口がほぼ正四角形である垂木(たるき)や、さらに平たい貫(ぬき)など、形状、寸法によって違う呼ばれ方をしています。

それぞれの材料に様々な役割がありますが、屋根の表面からは見えません。

樹脂材のメリットとデメリット

dfc43a7efbe22867bb235a83d6472939
屋根の棟板金の下地として使用される人工貫の様子







昨今の屋根業界では、人工樹脂製の副資材を使用するのが主流になりつつあります。

樹脂製の副資材のメリットとしては

・水に強い

・しなやかで折れにくい

などのメリットがあります。

特に屋根に使う材料として、水に強いという点はとても心強い特徴です。

樹脂材は基本的に水を吸わず、雨水を吸って腐り朽ちるということがなくなります。

これらの副資材を使用する箇所は、多くの場合屋根材を固定するための下地の箇所です。

下地が腐って屋根材の固定ができなくなると、屋根材はずれたり浮いたりして、さらに雨水を呼び込みやすい状態になります。

そういった危険を避けられる点で、樹脂材はとても心強い材料です。

しかしデメリットとして

・値段が高い

・熱に弱い

といった点が挙げられます。

従来の木材に比べ、どうしても値段が高くなる傾向にあり、その分工事の値段は上がります。

また、木材に比べると熱に弱く、劣化すると形状が変化する場合もあります。

屋根に使用する樹脂材が熱で劣化するケースはそう多くありませんが、木材に比べて明確なデメリットといえるでしょう。

木材のメリットとデメリット

木材の副資材は、昔から使用されてきました。

樹脂材が新しく開発されて屋根業界では大きな変化がありましたが、木材もまだまだ現役です。

その理由としては、木材のメリットである値段の安さが挙げられます。

人工樹脂製の材料と比べると、木材の副資材は少し値段が抑えられ、工事費用に直結します。

しかし昨今のウッドショックなどの動きにより、木材全般の値段には大きな動きが見られます。

時勢にも注目し、木材と樹脂材のコストパフォーマンス対比には注目する必要があるでしょう。


木材のデメリットとしては、

・水を吸いやすい

という点に尽きます。

屋根材の裏には雨水が多少入り込み、中の材料に徐々に徐々にダメージが蓄積していきます。

そんな時、雨水を吸いやすい木材はダメージが蓄積しやすく、腐敗、朽ちていく原因となります。



屋根を工事するならば、必ずこの木材や樹脂材などの副資材が使用されています。

どんな素材を使った材料を使用するかで、その後の屋根の寿命も変わります。

それぞれのメリットとデメリットを把握し、後悔しない屋根リフォームをぜひ、ご検討ください。
今回は4つの屋根材について簡単に解説していきます。

現在新築やリフォームで使用されている屋根材は主に次の4種類です。

・瓦
・スレート
・板金(ガルバリウム鋼板)
・アスファルトシングル


bc4d5bd6b2c31d17eedab514e3879e201
瓦とは、粘土を成形して焼成したものです。

形や焼成方法によってもいくつか種類分けがされています。

施工時の費用は一番高くなる傾向にありますが、その分耐候年数も屋根材の中ではトップクラスです。

一度施工すれば、瓦は50~60年以上もつとも言われています。

瓦の施工費は1㎡あたり9,000円~13000円ほどです。

スレート

現在新築などで人気の屋根材です。

セメントなどを押し固めて成形した、薄い平板を重ね合わせて仕上げます。

材料費を抑えやすく、施工時の金額を抑えることができるのが人気の理由です。

しかし、定期的な塗装が必要であったり、まめに塗装を行っても30年ほどで寿命がくるなど、ランニングコストがかかりやすい傾向のある屋根材でもあります。

スレートの施工費は1㎡あたり4,500円~8,000円ほどです。

板金(ガルバリウム鋼板)

5ed339652cbeac3f4463827483fd0a9b
最近の金属製屋根のほとんどが、ガルバリウム鋼板という特殊な板金を使用しています。

また、屋根に対して横向きか縦向きかや、裏側に断熱材が仕込まれているかどうかなど、様々な種類があります。

ガルバリウム鋼板であれば錆に強く、メンテナス無しで30年持つと言われています。

しかし色あせなどは起こるので、美観を保つためには塗装を行う必要があります。

ガルバリウム鋼板であれば、施工費は1㎡あたり6,500円~9,500円ほどです


アスファルトシングル

a2356b88474c16aed9368a6ac0ecbd3e
アスファルトシングルとは、北米で開発され、日本でも注目され始めている屋根材です。

アスファルトを含侵したガラス基材の表面に、砂粒を吹き付けたものです。

施工しやすく、材料費が安いことが大きなメリットです。

デメリットとしては、経年劣化によるカビコケや、吹き付けてある砂粒が落ちてくることなどがあります。

耐用年数は20~30年ほどと言われています。

アスファルトシングルの施工費は、1㎡あたり4,000円~6,500円ほどです。



屋根材はそれぞれにメリットとデメリットがあります。

どんなことを重要視していて、そのためにはどの屋根材を選ぶのがいいかを見定め、失敗しない屋根リフォームをご検討ください。

今回はスレートの屋根を屋根カバー工法でリフォームすることについて解説します。

 

現在、お家の屋根がスレート屋根で、修理などを検討している方に向けた記事となっております。

 

・スレート屋根をカバーするのはどうなの?

・費用はいくらくらいかかるの?

・ほかの修理方法ではだめなの?

 

といった疑問にお答えしていきます。

 

 

目次

①スレート屋根を屋根カバー工法で工事する

 →スレート屋根をカバーするメリットとデメリット

 

②スレート屋根のカバーの相場


③スレート屋根は塗装化、カバーか、葺き替えか

①スレート屋根を屋根カバー工法で工事する

5ed339652cbeac3f4463827483fd0a9b

スレート屋根は屋根カバー工法を行うケースが多い屋根材です。

 

表面が平坦であり、屋根カバー工法を行うための条件を満たしています。

 

しかしそれ以外にも、スレート屋根はカバー工法でリフォームすると様々なメリットがあります。

メリット1 今後のメンテナンスが減る

意外と知られていませんが、スレート屋根は定期的な塗り替えを行うことが推奨されている屋根材です。

 

仮に塗装をせずに放置していると、スレート自体が傷んできて次の塗装ができない状態になってしまうことがあります。

 

塗膜を作ってスレートを保護することができなくなると、ますますスレートのクラックや割れなどの傷みが激しくなり、機能性が損なわれてしまいます。

 

そういった事態を避けるためにも定期的な塗装が推奨されています。

 

おおよそ10年ごとを目途に塗装するのがいいと言われていますが、そうするとなかなかに手間がかかってしまいます。

 

屋根カバーを行いスレート屋根からガルバリウムなどの20~30年耐候の屋根材で仕上げることで、10年毎の塗装というイベントを省き、長い間ご安心頂けます。

メリット2 長期的には、費用面でもお得になる。

メリット1と少しかぶりますが、今後のメンテナンスを減らすことで、長期的な視点で見た時の屋根工事の費用を抑えることができます。

 

塗装で30年持たせようとしたとき、10年毎に足場を建てて2回塗装を行うと、足場設置費用は2回分かかることになります。

 

しかし屋根カバーであれば、30年のうち最初の1回の足場設置費用で済んだとします。

 

足場の費用が約20~30万円と考えると、足場設置だけでそのまま20万円~30万円の差が出てきます。

 

屋根カバーは塗装と比べると金額が高いので、その場でお見積りを比べるとついつい塗装に目が行ってしまいます。

 

しかしどちらも30年持たせたいと考えた時、屋根カバーでは1回分の値段でよいところを、塗装工事では2回分の値段がかかると考えることができます。

 

そうするとおのずと同じくらいの値段になるか、足場の費用も考えると屋根カバーの方が安くなった、というケースは少なくありません。

デメリット1 塗装に比べて費用が高い

デメリットといえばデメリットではありますが、先述のように長期的には安く抑えることができるケースは少なくありません。

 

また塗装と比べると費用は高くなりますが、葺き替え工事と比べると、撤去作業や廃材処分費用の分を抑えることができます。

デメリット2 屋根下地はそのまま

葺き替え工事と比べた時、屋根の下地はそのままの状態というデメリットがあります。

 

屋根下地の状態は、既存の屋根材をめくってみるまで、確実には分かりません。

 

その点葺き替え工事江は下地を増し張りするなどして下地を交換、補強できるので、屋根カバー工法の不利な点といえます。

 

デメリット3 屋根重量がかさむ

既存の屋根の上に新たな屋根を被せるので、屋根の重量が上がります。

 

屋根重量の増加は耐震性の点で不利なので、屋根カバーのデメリットといえます。






business-people-meeting-design-ideas-concept-business-planning

デメリット2と3については、スレート屋根に限らず全ての屋根カバー工法におけるデメリットです。

 

スレート屋根に限って言うならば、今後のメンテナンスという点で大きなメリットが得られます。

 

メリットとデメリットを比較、吟味し、お客様一人ひとりのお家に最適な工事プランを選ぶことが、外装リフォームのポイントです。

②スレート屋根のカバーの相場

大雑把に言うと、

 

・建坪35坪、屋根面積100

 

の場合で130~180万円前後で施工が可能です。

 

このほかにも仕上げに用いる屋根材によっても変動します。

 

屋根カバー工法の際に人気の屋根材としては

・ガルバリウム鋼板

・石粒仕上げ鋼板

・アスファルトシングル

 

などがあります。

③スレート屋根は塗装か、カバーか、葺き替えか。

c13adaccdfffa1c1af18a657ac43b6e7

スレート屋根には塗装、カバー工法、葺き替えの3つの選択肢があります。

 

どの工法にも様々なメリットやデメリットがありますが、複雑で少しわかりにくいかと思います。

 

そこで、それぞれの選択肢を、どんな目的で選ぶのが良いかをまとめました。

 

ぜひご参考ください。

スレート屋根の塗装を行う時

やはり費用を抑えたいときはひとまず塗り替えるというのも手です。


しかし、スレートの状態によっては塗装ができない場合もあります。 


また、長期的には高くなってしまうケースもあるので、お家のメンテナンス計画を一度考え、その上で塗り替えにするかどうかを決めるのがおすすめです。

屋根カバーはそれまでスレートが塗り替えてあっても行うことができますので、ひとまず塗り替えを行い、次のタイミングでカバーする、というのも手です。

 

例えば新築10年目に塗り替え、20年目にカバーという風にメンテナンスを行えば、合計で50年はもたせることができる計算になります。


スレート屋根のカバー工法を行う時

屋根工事を依頼するというのは、なかなか大変なことと思います。

 

見積もりを取る業者選びや、見積もりを見ながらわからないことを聞いたり調べたり。

 

いざ工事が始まれば、仮設足場の中での生活、ご近所様への配慮。

 

こういった気苦労の回数を減らすという意味でも、メンテナンスの回数を減らすというのは大事なことです。

葺き替え工事よりいくらか費用を抑えつつも、次のメンテナンスまでの年数は新たな屋根材の耐候年数分確保できます。

 

塗装と比べても、2,3回の塗装と比べ、総額を抑えやすいです。

ルーフィングとは、屋根材の下に敷かれる屋根専用防水シートです。

 

防水シートの耐用年数は20~30年と言われています。

 

屋根カバー工法では既存の屋根の上に新しいルーフィングを施工するので、ルーフィングの寿命がリセットされます。

 

塗り替えではルーフィングはそのままなので、屋根カバーのメリットといえますが、葺き替え工事でも同様です。

スレート屋根の葺き替え工事を行う時

葺き替え工事にはあって屋根カバー、塗装工事にないメリットが、屋根下地を新しくすることができる点です。

 

また、下地を新しくするので、屋根下地状況により屋根カバー工法ができないと判断された屋根でも、葺き替え工事なら可能です。

葺き替えとカバー工法はよく比較されますが、葺き替えを選ぶべき理由の一つが屋根重量を考慮した時です。

 

屋根の重量が上がると耐震性の面で不利となる場合があります。

 

万が一の時を考え、屋根をなるべく軽くするという目的で、葺き替え工事を行うのも選択肢の一つです。

最後に

スレート屋根のデメリットである、定期的なメンテナンスの回数を減らせるという点で、スレート屋根を屋根カバー工法でリフォームするのは大きなメリットであると言えます。

 

しかしスレート屋根は他にも塗装、葺き替え工事も選択肢のひとつです。

 

それぞれのメリットデメリットを理解し、最適な工事方法を選びましょう。

 

最後までご覧いただき、ありがとうございました。


下記の記事もご参考ください。


屋根カバー工法とは?3項目で簡単に解説【費用相場・メリットデメリット】



愛知・岐阜・三重周辺での点検・調査・お見積もり無料!お気軽にお問い合わせください!

メールからのお問い合わせはこちら

資料請求現場調査を依頼する

主な施工エリア
【名古屋市内】
天白区、緑区、守山区、名東区、瑞穂区、昭和区、千種区、東区、北区、西区、南区、中区、中村区、中川区、港区、熱田区

【愛知県】
名古屋市、日進市、長久手市、岡崎市、豊田市、安城市、大府市、一宮市、春日井市、高浜市、刈谷市、瀬戸市、犬山市、江南市小牧市、稲沢市、尾張旭市、岩倉市、豊明市、清須市、北名古屋市、東郷町、豊山町、大口町、、扶桑町、津島市、愛西市弥富市、あま市、大治町、蟹江町、飛鳥村、半田市、常滑市、東海市、知多市、阿久比町、東浦町、南知多町、美浜町、武豊町、碧南市、西尾市、知立市、みよし市、幸田町、豊橋市、豊川市、蒲郡市

【岐阜県 三重県 静岡県】
岐阜市、大垣市、羽鳥市、各務原市、関市、美濃加茂市、可児市、多治見市、土岐市、瑞浪市、桑名市、いなべ市、四日市市、鈴鹿市、亀山市、松阪市、津市、浜松市、湖西市、磐田市、袋井市、掛川市、島田市など

【工事種類】
 雨漏り調査/屋根リフォーム/屋根工事/屋根修理/屋根塗装/外壁塗装/屋根葺き替え/板金工事/漆喰工事/
  雨樋工事/雨漏り修理/ 防水工事/ 雪止め工事/ 太陽光・蓄電池工事/ オール電化/ 耐震補強/

100年を超える経験とプロの技でどこよりも丁寧に、高品質な工事で皆様の雨漏りの不安を解消いたします。