地域密着110余年の坪井利三郎商店がご自宅の屋根・外壁のトラブルからご家族の安心をお守りします。

日々のお仕事ブログ

棟瓦とは?

棟瓦とは、屋根の中でも棟と呼ばれる部位に使用される瓦の一種です。

和瓦屋根では、棟部分に熨斗瓦と棟瓦を数段積んで「棟積み」を行います。

棟積みの最上段に使用する瓦のことを指して、棟瓦と呼びます。

また、棟積みを行わない洋瓦の場合では、棟瓦一枚のみで棟を納めます。

どちらの場合も、屋根の頂上に使用される瓦なので、屋根全体の表情を左右する重要な瓦です。

また、雨水対策においても重要な役割を果たし、様々な工夫が施されています。

今回は、そんな棟瓦についてと、棟瓦の仲間のような位置づけの瓦についても紹介します。

棟とは?

dbeb6ee5353a9fe378592a54722e2b49
まず、棟と呼ばれる部位についてです。

写真のように、屋根の平面と平面がぶつかりあって山折りに隆起している箇所のことを棟と呼びます。

また、地面に対して水平な棟を大棟(本棟)、地面に対して斜めになっている棟を隅棟と言います。

どちらの場合にも、同じ種類の棟瓦を使用することが多いです。


棟瓦を使用する箇所

b3f5aa0db44efceb9e71c8918e909f72
写真のように、和瓦屋根の棟積みの最上段に施工されるのが棟瓦です。

下に数段積まれている熨斗瓦の隙間に被せるようにして施工し、棟から雨水が入るのを防いでいます。
7b89709ef22cbce0df7adec3db672e2e
こちらは、洋瓦の棟の様子です。

和瓦と違い、熨斗瓦による棟積みを行わないので、棟瓦のみで納めています。

最近では、和瓦屋根の場合でも写真のように棟瓦のみで施工するケースもあります。



従来、雨水対策として棟は高く積めば積むほど水が入りにくく、よくなるというのが屋根屋さんの常識でした。

しかし近年では棟に使用していた漆喰の進化や葺き土を使用しない引っ掛け桟瓦葺き工法の開発などで認識が変わりつつあります。

現在では棟瓦一枚での施工でも雨水対策は全く問題ないとされており、むしろ既存の葺き土や漆喰を使用しない分、雨漏りに強くなっています。

しかし棟積みは和瓦屋根独特の風格のような雰囲気を出すのに必須であり、今でも根強い人気を誇っているのも事実です。

そしてそんな風格を出すという目的を果たすために、棟瓦には数多くの形状があり、いまなお製造されています。

棟瓦の種類

485c8bef97851fb4f09211e7306f11d5
棟瓦には、数えきれないほど多くの種類が存在し、それぞれに名前があります。

全てを紹介することは難しいので、今回はよく見る棟瓦の種類について紹介していきます。

冠瓦(江戸冠)

bfa79ae460bfde47df6235bfe6c9660f
冠瓦、もしくは江戸冠と呼ばれることもあります。

横幅が5寸で、頭に丸まった紐桟のかたちが付いているのが特徴です。

和瓦の屋根で多く見られる形で、棟を高く見せる効果もあります。

また、背中が丸まっているので水の切れが良く、雨水対策としても良好な形状をしています。


七寸丸冠

冠瓦の横幅が5寸であるのに対して、横幅7寸のものを7寸丸と言います。

洋瓦に多く見られる棟瓦の形状です。

和瓦では棟積みを行うので棟瓦が覆わなければならない幅が小さく済みます。

しかし、棟積みを行わない洋瓦では、棟瓦が瓦と瓦の隙間全てを覆わないと水が入り込んでしまいます。

そこで、横幅の広い棟瓦が必要となり、7寸丸瓦が使用されています。

平伏間(ひらふすま)

d7cea7e92d18e17e3fc9212a799cef71
平伏間も、和瓦屋根に見られる棟瓦の一種です。

全体的に平たい形状をしており、より広い隙間を覆うことが出来ます。

丸みが少ないことで、大人しい印象を与える瓦です。

紐付き三角冠

7b89709ef22cbce0df7adec3db672e2e
新築などの平板瓦に使用されることの多い瓦です。

平板瓦は全体的にスマートな印象を与えます。

棟を三角形のラインで製造し、全体的な印象をよりスマートにしてくれます。
このほかにも社寺などの屋根施工に使用される特殊な形状の棟瓦はもちろん、

新築等でもお客様の要望にお応えできるように様々な形状の棟瓦が使用されます。

また、棟の一番上に使用されるという意味では、棟瓦以外にも様々な種類の瓦があります。

棟瓦以外の棟に使用される瓦についても少し紹介します。

三つ又瓦

三つ又瓦とは、棟が3方向にぶつかっている箇所に使用される瓦です。

それぞれの棟と棟瓦に対してうまく納まるような形状をしていますが、ぴったりと合わせるのはとても難しい瓦です。

隙間を工夫したり、高さや角度を調整して綺麗に納めるには、瓦屋根施工の専門的な知識がないととても難易度の高い施工です。

こういった特殊な瓦についてもしっかりと施工ができる業者さんを選ばないと、隙間が空きすぎて雨漏れの原因に繋がることもあります。


最後に

棟瓦について紹介しました。

棟瓦とは、棟の一番上に使用する瓦のことです。

専用の形状をしており、様々な種類のものが製造されています。

屋根全体の雰囲気を決めるのに大きな役割を果たし、社寺等の場合特にいろんな棟瓦が見られます。


それ以外に、屋根に関して気なることがある方は是非お問い合わせください。


最後までご覧いただき、ありがとうございました。
面戸と言う言葉を聞いたことがあるでしょうか?

なかなか聞き馴染みがない言葉だと思います。

聞き馴染みがないからこそ、突然、業者さんに「面戸が悪いので工事しましょう」と言われればびっくりしてしまいます。

今回は屋根業界に関する難しい専門用語のひとつ、「面戸」について解説していきます。

面戸(めんど)とは?

面戸とはずばり、もののあいだにできる隙間のことです。

屋根業界では、屋根の施工の際、どうしてもできてしまう隙間部分があります。

また、その隙間ができてしまう部分の名称を取り、○○面戸と呼ぶことがほとんどです。

例えば、屋根の頂上部分である棟部分で、平面の瓦と胸の瓦の隙間にできてしまう隙間を「棟面戸」と呼びます。

また、屋根の端部に瓦の形状によってできてしまう隙間を、「雀口面戸」と呼びます。

こちらの場合は、面戸と言う言葉を取って簡単に雀口と呼ぶこともあります。

棟面戸

IMG_02601
写真の場所が、棟面戸と呼ばれる箇所です。

瓦屋根の棟を施工する時に、平面に施工する瓦と、棟に施工する瓦の間にできてしまう隙間のことです。

この隙間には、通常漆喰などを表面に塗り付け、葺き土が露出しないように納めます。

棟面戸は棟1列に対して裏表で2列あることも注意しなければなりません。


雀口面戸とは

1d0f2e951d1650fad4ed0042faf1c8c8-300x2242
写真の箇所を雀口面戸と呼びます。

瓦の先端に据えられる鼻隠しと言う板と、瓦との間にできる隙間のことです。

昔はこの隙間から雀が入ってくるので雀口と呼ばれました。

従来はは漆喰を使って隙間を埋めていましたが、その漆喰が庭に落ちていたとのご相談もよく聞きます。

昨今では、プラスチック製や鉄製の面戸板を使って塞ぐことがほとんどです。

最後に

いかがだったでしょうか?

面戸についても、様々な納め方があり、ケースによってどれが最適化は本当にそれぞれです。

気になる方は、一度お問い合わせください。


最後まで後らに只木、ありがとうございました。
あま市にて雀さん対策を行いました。

以前より紹介している和瓦の雨漏り補修工事の現場です。

お客様から、雀などの鳥が、屋根付近で巣を作っていて困っているとのご相談を受け、対策を行いました。

鳥さんがが巣を作りやすい風雨の影響を受けにくい隙間になっている箇所を塞ぎ、巣を作れないような屋根にしていきます。


46231851d7fa50bf78ac48ace2eee281
外壁と軒天の接合部に板金を当てました。隙間から、鳥が入り込んでくるとのことだったので、入れないように対策しました。
e7e36ce1e510637a22df702c36088e08
36e9be8ddf94fce79bbdc14620fc8e39
外壁から飛び出している母屋(屋根の小屋組みの水平な梁です)の上に鳥の巣を作るのに適した隙間があったので、塞いで対策しました。
屋根の敵は雨水、紫外線、鳥と言われることもあるほど、鳥さん対策はとても重要な工事です。

どんな場所に巣を作り、どう納めれば対策できるのかも、慣れた屋根業者でないとなかなか難しい工事です。

お困りの方は、ぜひお問い合わせください。

最後までご覧いただき、ありがとうございました。
名古屋市天白区にて奴葺きの瓦屋根の現地調査を行いました。

奴葺きとは、数寄屋造りと呼ばれるお家の屋根に用いられる瓦と銅板を組み合わせた屋根のことです。

瓦屋根の軒先から銅板による一文字葺きがされており、和風の雰囲気がよく出ます。
LINE_ALBUM_20220403_220403_8
奴葺きの全景です。
LINE_ALBUM_20220403_220403_1
今回、谷周辺の軒天部分に雨漏りの跡があるとお問い合わせいただきました。
LINE_ALBUM_20220403_220403_32
谷に施工されている銅板の様子です。茶色い部分が、集中的に雨水が当たって変色している箇所です。
谷板に銅板が使用されているときは、今回のように変色しているケースがとても多いです。

瓦本体の谷部分に雨水が集中し、銅板の同じ個所に当たり続けてしまうことにより起こります。

これをそのまま放置してしまうと、谷板に穴が開いて雨漏れに繋がります。

和瓦屋根の雨漏りは、谷板からの浸入であるケースがとても多いです。

気になる方は、ぜひお問い合わせください。


最後までご覧いただき、ありがとうございました。
あま市にて和瓦屋根の雨漏り補修工事を行いました。

今回は雨染みのひどかった天井部分の補修工事を行います。

既存の天井に使用されているジプトーンという柄の石膏ボードを使用し、雨染みの部分を交換します。

また、天井をめくった時に、屋根裏から小屋組みの補強も行いました。

小屋組みとは、屋根の骨組み部分のことです。

小屋組みに対して屋根の下地を固定するので、小屋組みが弱ると屋根全体の歪みや、最悪崩落などにつながります。

小屋組み自体を交換することは難しいので、あて木を行い、小屋組みの強度を確保しました。


16bebcdf678a197952ff559d3ff3bce0
施工前の様子です。雨水が天井に落ち、広範囲に雨染みが見られます。
6aff75d4c9409cf20899d0ecbaf4062e
天井のボードをめくりました。ボードの下地となる野縁が通常より少なかったので、新しい野縁を足して補強しました。
4efd76bdfef1077b076863447d47db94
52b625f1fa4114865b534ff2f05ae405
屋根の小屋組みの様子です。垂木と呼ばれる屋根の下地を支える小屋組みの一部に丸太が使用されています。
b7c10fdb7f7128f8f9d0b61c4bd91917
丸太の真横に垂木をあてて、強度を確保しました。
efe0cc2b0ca2a9897d996aa6ad53d592
新しい天井ボードを貼り付け、施工完了です。
小屋組みは屋根の一番重要な下地です。

しかし普段目にすることが無いので、屋根屋さんのような専門的な知識のある業者が見ないと、何かあってもそもそも見抜くことができませんし、補強もできません。

一番重要な屋根の下地を悪い状態のまま放置してあとで見つかると、いよいよ交換するしか手立てがない状況まで劣化しているケースもあります。

そうならないためにも、屋根の表面の瓦などの屋根材のこまめなメンテナンスを行うことが、屋根を長持ちさせる一番のコツです。




最後までご覧いただきありがとうございました。


愛知・岐阜・三重周辺での点検・調査・お見積もり無料!お気軽にお問い合わせください!

メールからのお問い合わせはこちら

資料請求現場調査を依頼する

主な施工エリア
【名古屋市内】
天白区、緑区、守山区、名東区、瑞穂区、昭和区、千種区、東区、北区、西区、南区、中区、中村区、中川区、港区、熱田区

【愛知県】
名古屋市、日進市、長久手市、岡崎市、豊田市、安城市、大府市、一宮市、春日井市、高浜市、刈谷市、瀬戸市、犬山市、江南市小牧市、稲沢市、尾張旭市、岩倉市、豊明市、清須市、北名古屋市、東郷町、豊山町、大口町、、扶桑町、津島市、愛西市弥富市、あま市、大治町、蟹江町、飛鳥村、半田市、常滑市、東海市、知多市、阿久比町、東浦町、南知多町、美浜町、武豊町、碧南市、西尾市、知立市、みよし市、幸田町、豊橋市、豊川市、蒲郡市

【岐阜県 三重県 静岡県】
岐阜市、大垣市、羽鳥市、各務原市、関市、美濃加茂市、可児市、多治見市、土岐市、瑞浪市、桑名市、いなべ市、四日市市、鈴鹿市、亀山市、松阪市、津市、浜松市、湖西市、磐田市、袋井市、掛川市、島田市など

【工事種類】
 雨漏り調査/屋根リフォーム/屋根工事/屋根修理/屋根塗装/外壁塗装/屋根葺き替え/板金工事/漆喰工事/
  雨樋工事/雨漏り修理/ 防水工事/ 雪止め工事/ 太陽光・蓄電池工事/ オール電化/ 耐震補強/

100年を超える経験とプロの技でどこよりも丁寧に、高品質な工事で皆様の雨漏りの不安を解消いたします。