地域密着110余年の坪井利三郎商店がご自宅の屋根・外壁のトラブルからご家族の安心をお守りします。

屋根の寿命に直結するルーフィングシート!種類別メリット・デメリットを紹介

ルーフィングシートとは

ルーフィングシート
ルーフィングシートとは瓦やスレート屋根などの屋根材の下に敷かれている「防水シート」のことをいいます。

別名「下葺き材」と呼ばれることもあれば、またはアスファルト製のものが多いため「アスファルトルーフィング」、言葉を短くして「ルーフィング」と呼ばれることもあります。

ルーフィングシートは屋根材の種類に関わらず、すべての屋根に施されているほど重要な役割を持っています。

ルーフィングシートの重要性

雨漏りした屋根裏
実は瓦やスレート、ガルバリウム鋼板といった屋根材だけでは雨水の侵入を完全に防ぐことができません。

そこでルーフィングシートをその屋根材たちの下に敷くことによって、雨水の侵入を防ぎ、建物にとって脅威である雨漏りを予防しています。

逆にいうと、ルーフィングシートが劣化していなければ雨漏りが起こることはまれです。

屋根材で隠れているせいかなかなか検討する機会がないかもしれませんが、これを機にメンテナンスやアップグレードなど、屋根業者に相談してみてはいかがでしょうか?

ルーフィングシートの種類

ルーフィングシート
雨漏りから建物を守るルーフィングシートにも種類があります。

大きく分けて「透湿系」と「非透湿系」に分けられますが、さらに原材料や性能によって以下の6種類に分けられます。

1. アスファルトルーフィング(非透湿系)
2. 改質アスファルトルーフィング(非透湿系)
3. 透湿防水ルーフィング(透湿系)
4. 高分子系ルーフィング(非透湿系)
5. 粘着層付きルーフィング(非透湿系)
6. 不織布ルーフィング(非透湿系)

「透湿系」は湿気は通すものの水は通さないルーフィングシートで、「非透湿系」は防水を第一に考えられたルーフィングシートのことをいいます。

アスファルトルーフィング(非透湿系)

アスファルトルーフィングは板材にアスファルトを染み込ませたものです。

アスファルトルーフィングのメリットは止水性が高く、非常に安価な点が挙げられます。一方、デメリットとして耐用年数が10年ほどと短く破れやすいことが挙げられます。

現在日本で最も普及しており、代表的な製品が「アスファルトルーフィング940」です。「940」とは1㎡あたり940gの質量があることを表しています。

改質アスファルトルーフィング(非透湿系)

改質アスファルトルーフィングは前述したアスファルトルーフィングと同じ原料で作られていますが、耐用年数が20年ほどと2倍に伸びたアスファルトルーフィングシートです。

メリットは止水性と耐久性が高いことが挙げられ、デメリットとしてアスファルトルーフィングよりも高価で湿気を逃がしづらく凍結する恐れがあることが挙げられます。

代表的な製品として「三星PカラーEX+」があります。

透湿防水ルーフィング(透湿系)

透湿防水ルーフィングはその名の通り、防水しながら湿気を逃す透湿性に優れたルーフィングシートです。

透湿性に優れているため雨天後の屋根の土台である野地板が濡れてしまっても速やかに乾くため屋根内部の傷みの進行を抑えつつ、建物の寿命を延ばしてくれます。

メリットは止水性と透湿性が高く、耐用年数が50年と長いことが挙げられ、デメリットとして施工に時間がかかり、高価であることが挙げられます。

代表的な製品として「タイベックルーフライナー」があります。

高分子系ルーフィング(非透湿系)

高分子系ルーフィングは塩化ビニルや合成ゴムなどのアスファルト以外を原料とするルーフィングシートの総称です。

アスファルトを使ってないため軽量で屋根への負担を抑えることができます。

メリットは安価なのに耐久性・伸縮性が高く、破れにくいことが挙げられ、デメリットとして下地によって使用できない、紫外線の影響で劣化しやすく耐用年数が15年ほどと短い点が挙げられます。

代表的な製品として「遮熱ノアガードⅡ」があります。

粘着層付きルーフィング(非透湿系)

粘着層付きルーフィングは貼付け面が粘着シートになっているタイプのルーフィングシートの総称です。

通常、ルーフィングシートはタッカーを使用して野地板に貼り付けますが、粘着層付きの場合は釘穴からの漏水を防ぎ、より高い防水性能を発揮することができます。

メリットは密着性と防水性が高く耐用年数が30年ほどと長いことが挙げられ、デメリットは高価で湿気が逃しにくいことが挙げられます。

代表的な製品として「タディスセルフ」があります。

不織布ルーフィング(非透湿系)

不織布ルーフィングは、その名の通り主原料が不織布のルーフィングシートです。

メリットは耐久性が高く破れにくい、耐用年数が約30年と長いことが挙げられ、デメリットは高価な点が挙げられます。

代表的な製品として「タディスセルフ・カバー」があります。

ルーフィングシートのメンテナンス時期

ルーフィングシート
仮に瓦が台風や地震でズレてしまったとしてもルーフィングシートがあるためすぐに雨漏りは起こりませんが、ルーフィングシートが劣化していた場合は少し事情が異なります。

耐用年数は使用されているルーフィングシートによって異なりますが、多くの家庭で「アスファルトルーフィング940」が使われているため、10年前後でのメンテナンスをおすすめします。

まとめ

屋根のメンテナンス作業の様子
屋根の寿命を延ばすことは建物の寿命を延ばすことにもつながります。

ルーフィングシートは屋根材に隠れているため目視で劣化状況を確認することができません。建設、もしくは前回のメンテナンスから10年以上経っている場合は屋根業者に相談することをおすすめします。

私たち坪井利三郎商店は屋根外壁診断のご相談をいただいたら、長久手市にて屋根ひとすじに100年以上に渡り携わってきた経験とプロの技で、あなたのお住いの屋根・外壁を詳細に点検・診断いたします。

あわせて今後の住まい方についてもヒアリングさせていただきながら、住まいにあわせた最適なメンテナンスのご提案を無料で実施させていただきます。お気軽にお問い合わせください。


愛知・岐阜・三重周辺での点検・調査・お見積もり無料!お気軽にお問い合わせください!

メールからのお問い合わせはこちら

資料請求現場調査を依頼する

主な施工エリア
【名古屋市内】
天白区、緑区、守山区、名東区、瑞穂区、昭和区、千種区、東区、北区、西区、南区、中区、中村区、中川区、港区、熱田区

【愛知県】
名古屋市、日進市、長久手市、岡崎市、豊田市、安城市、大府市、一宮市、春日井市、高浜市、刈谷市、瀬戸市、犬山市、江南市小牧市、稲沢市、尾張旭市、岩倉市、豊明市、清須市、北名古屋市、東郷町、豊山町、大口町、、扶桑町、津島市、愛西市弥富市、あま市、大治町、蟹江町、飛鳥村、半田市、常滑市、東海市、知多市、阿久比町、東浦町、南知多町、美浜町、武豊町、碧南市、西尾市、知立市、みよし市、幸田町、豊橋市、豊川市、蒲郡市

【岐阜県 三重県 静岡県】
岐阜市、大垣市、羽鳥市、各務原市、関市、美濃加茂市、可児市、多治見市、土岐市、瑞浪市、桑名市、いなべ市、四日市市、鈴鹿市、亀山市、松阪市、津市、浜松市、湖西市、磐田市、袋井市、掛川市、島田市など

【工事種類】
 雨漏り調査/屋根リフォーム/屋根工事/屋根修理/屋根塗装/外壁塗装/屋根葺き替え/板金工事/漆喰工事/
  雨樋工事/雨漏り修理/ 防水工事/ 雪止め工事/ 太陽光・蓄電池工事/ オール電化/ 耐震補強/

100年を超える経験とプロの技でどこよりも丁寧に、高品質な工事で皆様の雨漏りの不安を解消いたします。