地域密着110余年の坪井利三郎商店がご自宅の屋根・外壁のトラブルからご家族の安心をお守りします。

葺き替え工事(屋根の全交換)とは

屋根の葺き替え工事とは

葺き替え工事とは、屋根に施工された屋根材を新しいものに交換することです。建設業界では、屋根を工事することを「屋根を葺く」と言います。いわゆる業界用語ですね。

 

葺き替え工事とはつまり、「屋根工事をする」の意味の「葺く」と、「屋根を新しく替える」の「替える」が組み合わさって「葺き替え」となるのです。

二つの屋根リフォーム。葺き替えとカバー工法

住宅が古くなってきて、屋根工事が必要になった場合、多くの選択肢があります。なかでも多いのがこの葺き替え工事と、カバー工法と呼ばれるものです。

 

カバー工法とは葺き替えと違い、屋根材を新しいものに交換するのではなく、既存の屋根材の上に新しい屋根材を重ねて葺いてしまうことです。

 

これにより既存の屋根材を取り外してから新しい屋根材を葺く葺き替え工事よりも工期を短くしたり、廃材を出さないのでコストを抑えたりすることができます。

 


葺き替え工事の必要性

では葺き替え工事が必要な場合とはどんな場合でしょうか?それは既存の屋根材が、古い土葺き工法で葺かれた瓦である場合です。

 

この場合、ほかの屋根と比べて土と瓦の両方の重量があるので、屋根全体の重量が高くなります。その上に新しい屋根材をそのまま葺くと、屋根重量が上がりすぎて耐震性などの面で不安が残ります。

 

そういった場合にこの葺き替え工事が行われるのです。

 

土葺き工法とは?

土葺き工法とは、瓦屋根の施工方法のひとつです。住宅によりますが、築五十年以上の物件はこの土葺き工法を採用していることが多いです。

この工法では現在と違い、瓦を葺くときに大量の葺き土を使用します。瓦の下に水分を含んだ泥状の葺き土を載せておくことで、瓦を屋根に接着するのです。

この工法は、現在主流の釘どめで行う「引っ掛け瓦桟葺き」に比べ、屋根重量が大幅に高くなるという弱点があります。

よって、新たな耐震制度とともに現在の「引っ掛け瓦桟葺き」に代わってゆきました。

葺き替え工事とは、何をしている工事なの?

では具体的に、葺き替え工事をしている屋根で、我々屋根業者が行っている施工内容を簡単に説明してゆきます。
1030

瓦などの屋根材を屋根から取り外すことを「めくる」と言います。


瓦の葺き替え工事は、大きく分けてこの「めくり」工程と、新しい屋根材を葺く工程の二つになります。

 

まずはこのめくりから行います。

1027

めくりを行うのは棟の部分からです。棟の一番上に位置する冠瓦、熨斗、土居熨斗の順にめくります。

17963f256fcb6767e45a8e525dd53a96

棟がめくり終われば、いよいよ平部と呼ばれる屋根の面になる部分から端にかけてめくります。瓦一枚に葺き土もひとつ入っているので、瓦をめくり次第葺き土も除去していきます。

瓦も葺き土も重量があり、これらをいかに効率的に屋根下に下ろせるかが、工期やコストに関わってきます。住宅の屋根形状や立地条件によっても効率は変わるので、住宅一軒一軒で、かかるコストは様々になります。

 

瓦をめくり、葺き土の除去が終わると杉皮や桟木が見えてきます。これらも同様に撤去していきます。

瓦をめくり、葺き土の除去まで終わると、踏んだ場所によっては足がそのまま野地板を踏み抜き、天井を破ってしまいます。熟練の職人たちは、野地板の中でも垂木に支えられている部分を見分け、軽々と屋根上を移動してゆきます。

10111

最後までめくり終わると防水シート(防水シートがない場合もあります)や野地板が見えるようになります。土葺き工法の瓦屋根の野地は多くの場合がバラ板と呼ばれる隙間のある木板です。

 

1020

めくりが終わると、新たに屋根を葺くための野地板を葺いていきます。現在、野地板の主流はコンパネと呼ばれる厚さ12ミリの木材の板です。


この上に下葺き材(現在の主流はアスファルトルーフィングです)を敷き、その上から新たな屋根材を葺いていきます。

10181
今回の物件は新しい屋根材として瓦を採用していただきました。「平板瓦のMタイプ」で「銀黒」と呼ばれるカラーです。

最後に住宅敷地内を清掃します。


葺き土を除去するときに、どうしても土の粉が現場に散ります。


土葺き屋根の葺き替えの現場は多くの場合この粉塵で汚れていますので、これらを丁寧に清掃します。

最後に

今回は葺き替え工事について解説致しました。

 

土葺き工法の瓦屋根のリフォームでは、多くケースでこの「葺き替え工事」を施工させていただいております。

 

皆様が実際に屋根工事をお願いした時、屋根の上でどんなことが行われているのかを理解していただくことは、我々屋根業者の使命のひとつです。

 

今回の記事で、みなさまのご理解の一助となれば幸いです。

 



愛知・岐阜・三重周辺での点検・調査・お見積もり無料!お気軽にお問い合わせください!

メールからのお問い合わせはこちら

資料請求現場調査を依頼する

主な施工エリア
【名古屋市内】
天白区、緑区、守山区、名東区、瑞穂区、昭和区、千種区、東区、北区、西区、南区、中区、中村区、中川区、港区、熱田区

【愛知県】
名古屋市、日進市、長久手市、岡崎市、豊田市、安城市、大府市、一宮市、春日井市、高浜市、刈谷市、瀬戸市、犬山市、江南市小牧市、稲沢市、尾張旭市、岩倉市、豊明市、清須市、北名古屋市、東郷町、豊山町、大口町、、扶桑町、津島市、愛西市弥富市、あま市、大治町、蟹江町、飛鳥村、半田市、常滑市、東海市、知多市、阿久比町、東浦町、南知多町、美浜町、武豊町、碧南市、西尾市、知立市、みよし市、幸田町、豊橋市、豊川市、蒲郡市

【岐阜県 三重県 静岡県】
岐阜市、大垣市、羽鳥市、各務原市、関市、美濃加茂市、可児市、多治見市、土岐市、瑞浪市、桑名市、いなべ市、四日市市、鈴鹿市、亀山市、松阪市、津市、浜松市、湖西市、磐田市、袋井市、掛川市、島田市など

【工事種類】
 雨漏り調査/屋根リフォーム/屋根工事/屋根修理/屋根塗装/外壁塗装/屋根葺き替え/板金工事/漆喰工事/
  雨樋工事/雨漏り修理/ 防水工事/ 雪止め工事/ 太陽光・蓄電池工事/ オール電化/ 耐震補強/

100年を超える経験とプロの技でどこよりも丁寧に、高品質な工事で皆様の雨漏りの不安を解消いたします。