地域密着110余年の坪井利三郎商店がご自宅の屋根・外壁のトラブルからご家族の安心をお守りします。

屋根工事に使用される漆喰とは?

漆喰とは

そもそも漆喰とはなんなのでしょうか?

漆喰とは、石灰を焼いたものに水を加えた、「消石灰」と呼ばれるものを主材料とする建材です。

 

耐火性に優れ、古くから家の様々な部分に使われてきました。

 

屋根において漆喰を使う場所は、主に「棟」と呼ばれる部分です。

IMG_6700

棟とは、屋根面と屋根面がぶつかり、山折りに隆起している部位です。

 

これらの部位には、屋根の中でも棟専用の施工がされます。

 

棟を施工するとき、漆喰は古くから使われてきました。

漆喰の使われる箇所

IMG_0260

画像は、和型と呼ばれる日本で古くからある瓦屋根の棟の写真です。

 

棟には様々な種類の瓦が積まれていますが、この一番下に塗られている白い部分が漆喰です。

185

画像はS型と呼ばれる瓦の漆喰です。


和型もそれ以外の瓦も、棟の瓦を支える部分に塗られているのが分かります。

漆喰の役割

なぜ、棟には漆喰が使われているのでしょうか?

 

答えは、棟に使われている「葺き土(ふきつち)」を守るためです。

 

比較的古い瓦屋根では、瓦を屋根に接着するのに「葺き土」と呼ばれる泥を使用します。

 

「葺き土」は、時間が経つと普通の乾いた土と変わらないので、水を吸いやすくなります。

 

棟の部分にもこの葺き土は使用されており、そのままでは水を吸いやすいままの葺き土が野ざらしになります。

 

この土を守るため、漆喰を塗って葺き土を保護するのです。


※棟の構造についてはこちら

10271
写真は、和型瓦の屋根の棟の構造です。


様々な種類の瓦を積み上げ、棟を作り上げます。


16b362c669a5f5685bc881cdcf190da6
図は、和型の瓦屋根の棟を上から見た時の断面図です。

 

図のように、葺き土の表面に厚さ5ミリほどの漆喰を塗ります。

最後に

今回は、屋根に使われる漆喰の役割について解説しました。

 

漆喰は、棟と呼ばれる重要な部分で雨水から屋根を守る重要な材料です。

 

漆喰の劣化が見られる場合は、早めに業者へ補修の依頼をすることをおすすめします。


次回は、屋根漆喰の劣化現象について紹介、解説します。ぜひご覧ください。

屋根漆喰の劣化について

屋根漆喰のリフォームについて



愛知・岐阜・三重周辺での点検・調査・お見積もり無料!お気軽にお問い合わせください!

メールからのお問い合わせはこちら

資料請求現場調査を依頼する

主な施工エリア
【名古屋市内】
天白区、緑区、守山区、名東区、瑞穂区、昭和区、千種区、東区、北区、西区、南区、中区、中村区、中川区、港区、熱田区

【愛知県】
名古屋市、日進市、長久手市、岡崎市、豊田市、安城市、大府市、一宮市、春日井市、高浜市、刈谷市、瀬戸市、犬山市、江南市小牧市、稲沢市、尾張旭市、岩倉市、豊明市、清須市、北名古屋市、東郷町、豊山町、大口町、、扶桑町、津島市、愛西市弥富市、あま市、大治町、蟹江町、飛鳥村、半田市、常滑市、東海市、知多市、阿久比町、東浦町、南知多町、美浜町、武豊町、碧南市、西尾市、知立市、みよし市、幸田町、豊橋市、豊川市、蒲郡市

【岐阜県 三重県 静岡県】
岐阜市、大垣市、羽鳥市、各務原市、関市、美濃加茂市、可児市、多治見市、土岐市、瑞浪市、桑名市、いなべ市、四日市市、鈴鹿市、亀山市、松阪市、津市、浜松市、湖西市、磐田市、袋井市、掛川市、島田市など

【工事種類】
 雨漏り調査/屋根リフォーム/屋根工事/屋根修理/屋根塗装/外壁塗装/屋根葺き替え/板金工事/漆喰工事/
  雨樋工事/雨漏り修理/ 防水工事/ 雪止め工事/ 太陽光・蓄電池工事/ オール電化/ 耐震補強/

100年を超える経験とプロの技でどこよりも丁寧に、高品質な工事で皆様の雨漏りの不安を解消いたします。